レイク 増額

レイクで増額を受けるための方法とは

レイクで増額を受けるための方法とは

 

消費者金融のレイクは、増額交渉により限度枠を増やしてくれる場合があります。増額のための最低条件は、総借入額が年収の3分の1以下にすることです。年収300万円で借り入れできる上限は100万円であり、現時点で満額まで借りていれば増額を受けることはできません。80万円の借り入れがある場合は、20万円までなら増枠できる可能性があります。それ以外ですと年収を増やして借り入れできる限度額を上げるしかありません。レイクの増額交渉において大切なのは、取引実績に問題がないことです。指定期日までの返済を繰り返してきた方ならば大丈夫ですが、遅延を度々繰り返している場合は応じてくれない可能性が高いです。増枠において求められるのは信用力なので、信用の低い方は増枠交渉をしても借入額が増えることは通常ありません。また、他社の借入実績も精査されるので、レイクでは問題なく返済を続けていても、他社のローンが遅延していれば増枠は難しいでしょう。個人信用情報は各社が情報共有できるため、他社からの借入実績もレイクにはバレてしまうのです。レイクで増額を受けるためには、総量規制の範囲内での増枠であること、そして個人信用情報のデータに問題がないことが条件となります。

 

レイクは会員ページから増額申請が簡単にできる

 

レイクで増額を受けるための方法とは

 

レイクはインターネットの会員ページから簡単に増額申請ができるのが特徴です。また結果も瞬時にわかりますので、現在自分が増額できる状態であるのかをすぐに知ることができます。レイクだけに限らず、50万円の限度枠がひとつの区切りになり、そこから増額を申請する時は、今までの増額より少しハードルが高まります。よってレイク側にこの人にお金を貸しても良いという信用を与えることが求めれます。その信用になるのが、収入の増加です。結局のところ貸金業者というのは、お金を貸しても利息を付けて返済してくれる利用者を大切にします。よって収入があがったというのは、その根拠になりますので貸金業者側も融資を実現しやすい環境になるでしょう。収入証明書の提出を積極的に行うことで、増額申請が通りやすくなります。また今までの利用履歴も非常に重要です。1度でも返済に遅れた経験がある人は、そう簡単に増額が認められなくなります。そして信用を取り戻すのに時間が掛かりますので、増額を期待するのであれば、絶対に延滞は避けるようにしましょう。最悪の場合、延滞するとカード利用停止処分になり、レイクの利用さえも断れることになります。そうなると返済するだけのカードになりますので、延滞には気を付けるようにしてください。