レイク 増額

出来ればしたくないのが借金だけど

出来ればしたくないのが借金だけど

 

借金て言葉のイメージを、良い意味で感じている人って恐らく日本人ならいないような気がするんです。同じ借金でも会社の建て直しだとか、お店を立ち上げる為の資金を借金して作るというのは誰でもやっているし、返済計画をしっかり提出したりして、銀行なり金融関係の会社の条件をクリアして借りるのだろうからあまり問題ではないと思うんです。矢張り問題なのは、日常的にお金がなくて何時も借金しているってのは矢張りイメージ悪いと思ってしまいます。何とか頑張れば少ない給料でも出来るんじゃないのって自分はおもっているし、家の庭の草をとって食べることも出来る訳だし、ようは真剣にお金を大事にしているのかって事でしょうと言いたいです。
お金は大事に扱わないと人間と同じでドッカに消えてしまいます。しっかり管理して入れば、手元に残ってくれるのだと思うんです。どうしても、と言う人ならば相談にも乗ってやる気も起こるけど、全く掃除も洗濯もしないで、次々と100円ショップや中古品のTシャツ買いまくって、わづか一枚100円のワンピースだって10枚も20枚も買って一度着てポイ捨てなんて開いた口がふさがらないです。そんなだから次々と借金しなきゃいけなくなるんです。性格もあるから、借金する人は他人の言葉をよく聞くことから始めて貰いたいです。"

 

金利などの条件次第ですが借りないのが一番

 

出来ればしたくないのが借金だけど

 

私は借金をするのが好きではありません。銀行や信金に預けても金利は低い上に手数料を高く取られます。しかし借りるとなれば金利は高く返すのは大変です。
資産に余裕のある人は税金逃れで借金をしたりするそうですが、私には無縁な話しです。借りれば当然金利分だけ余計に返す必要があり損な気がします。しかしイスラム金融の様に約束金利が禁じられた世界は想像出来ません。やはり身の丈に合った暮らしをして借金をせずに生きて行ければそれにこした事はないと思います。20年以上前に新車を購入しローンを組みました。この時には会社の寮で家賃もかからず貯金もせず、今思えば家賃相当の金額を毎月返済していました。車は事故で手放し、以後は殆どローンを組む事さえありませんでした。今後も借金なしで生きて行ければ幸いだと考えています。また友達や彼氏彼女に借金をして仲違いする話しを何度か聞かされた事があります。金を貸せば金と友を失うと云うケースは意外に身近にもあり悲しくなります。