レイク 増額

何事にもルーズで無計画

何事にもルーズで無計画

 

以前消費者金融のコールセンターに勤めていたことがあり、50万円までの軽いキャッシングの方へ対象に延滞の督促の電話をしていた。3分の1は自衛隊、水商売関係の女子だった。自衛隊はとても薄給だというので本当に生活費にあてるためにカードローンをしたのかもしれないが、ただでさえ薄給なのに延滞して利息を多く払っていては元も子もない。今はネット上でキャッシングカードが発行出来、いざキャッシングする時も銀行のATMから預金を引き出すような感覚でキャッシングが出来る。なのでお金を借りているという意識が薄いという話をよく聞く。また、知人はキャッシングカードを彼氏に貸していた。彼氏はお金を引き出して知人がそのお金を返済していたという。金額が増すにつれてさすがに取り上げたようだが、その時点でトータル100万近くは貢いでいたことになる。お金の管理は人生の根幹につながるので、キャッシングを安易にしたり、カードを人に渡すなどをする人は他のことに関してもルーズなイメージがある。自分や周りの人を不幸にしないためにも、しっかり管理して出来れば借金には手を染めないようにしてほしい。

 

ドス黒い

 

何事にもルーズで無計画

 

単刀直入に言うとあまり良い印象じゃないです。家庭におけるローンなども借金といえば借金になるかもしれませんが、マンガやドラマで見る限り、あまり良い印象は持てないきがします。小さいころ知人に5000円を貸しました。返済されたかというと答えはNOです。未だに5000円は返ってきていません。母にはお金の貸し借りはやめなさいと毎回、何度も何度も言われるようになりました。私もそう思います。当時の頃を振り返るとなんで無駄に親切にしてしまったんだろう、どうして貸してしまったんだろうと後悔の念が立ちます。お金の貸し借りのせいで人間関係まで崩れてしまう原因となります。それは日に日に募り、ドス黒い感情へと変わっていくでしょう。だから出来るだけ借金なんてしないほうがいいんです。世の中には借金取りなんて連中もいるそうですね。漫画やドラマで観る限り、とても怖い方たちだと思います。それもまた社会におけるドス黒い一部なのではないでしょうか。