レイク 増額

利息を払い続けるイメージ

利息を払い続けるイメージ

 

私は借金をした経験がないので借金のイメージについては漠然としたイメージしかありません。借金と言っても色々な場合や理由があると思います。住宅や欲しいものを買う為だったりギャンブルの賭けの為だったり色々…結果お金を借りるという事には変わりがないのですが私的にはあまり人からお金を借りるというのは、いい気持ちはしません。そのなかでも後者のギャンブルで借金を重ねてしまうという一生を棒に振る行為だけは避けたいです。お金を返すのは大変なのに、お金を借りる事はすぐできてしまうのは恐ろしいです。借金をしてしまう人はこの危機感に鈍感な人なのかなと思います。一回借りてしまうと次から次へと借金地獄?利息でいっぱいいっぱいの返済の日々が続いていくような気がします。キャッシングの会社は身近に存在していてテレビのコマーシャルでも普通に放送されていて「あのCMってキャッシングのCMだったんだ!」なんて事もありました。お金を借りるという行為の重さにもう少し重点を置き換えて考えてほしいと思います。

 

地獄、負荷、損失、投資。

 

利息を払い続けるイメージ

 

まず、最初に思うことは地獄と言うイメージです。周りの経験を見聞きして、いやなイメージとして筆頭に上がります。それは、連帯保証人や消費者金融ローンとかで借りた人たちは地獄のような取立てと収入に見合う借金でない場合です。前者は人のよい人が背負ったかわいそうな例と後者は自分の実力に見合わない買い物や遊興費などで高利の利息によるつらい返済。そして、それによって起こる家族崩壊などです。またそれによって家族がこおむる負荷は金銭のみならずメンタルのダメージです。その損失は建設的な自宅の建築や車の購入などと違い経済的な事と精神的な事の二つの損失を生むのです。それと反対に前に言った自宅の建築や車の購入は将来への計画とよりよい生活を送るエネルギーのため、車はその結果に必要な経費のための投資です。投資もまかり間違えば、前者のようになってしまう可能性もあるので、一般人としての私はリスクを先に考えてしまうのです。ただ、ハイリスク、ハイリターンという一発逆転と言うギャンブラーやリッチな資本家、投資家のかたからすれば違った見方になるのかもしれません。