レイク 増額

お金の使い方が下手な人

お金の使い方が下手な人

 

友人から借りる場合は使用用途と、返済期間等を明確に伝えてちゃんとお金を返す気があるということを伝えることが大切です。消費者金融から借りる訳ではなく、友人の善意により借りることができるのでしっかりとした信頼関係が大切です。お金はその人自身の時間(人生)を使って稼いだものなので、命そのものだと言えます。それを借りるのだから返すことはもちろん当然です。使用用途を伝えるのは、何でお金を失って何に使うのかを明確に伝えることにより相手も貸す価値があると判断してくれます。自分は消費者金融からキャッシングをしたことがないので、消費者金融については分かりませんが、友人からの借金は利子がない分、もしも約束を破った場合は、金の切れ目が縁の切れ目と言われるように信頼関係を失い取り返すことが難しくなります。なので、もちろん1番は借りないように考えてお金は使うべきですが、どうしても借りなければいけない場合はしっかりとプランを立てて借りなければなりません。

 

 

ルーズ

 

お金の使い方が下手な人

 

お金を借りる人のイメージとして身近にいる私の知り合いがそうなんですが、とにかく時間、お金、生活スタイルなどなど全てにおいてルーズです。おまけにマイペースで自分の気分で物事を決めるところもあります。そんなに給料が良いわけでないのに高価なものを衝動買いする癖があり、手持ちがない時にはクレジットで簡単に支払ってしまいます。そのくせご飯を一緒食べに行った際はかなりけちで、安さ重視で選ぶのでちっとも楽しくありません。時間にルーズな為に約束の時間には必ず遅れてきます。様々な日常のルーズさを見ていたので私にとってお金を借りる人のイメージは彼女そのものを連想してしまいます。ルーズさがある分私のミスには全く触れることもありませんし器が大きく一緒にいると気が楽であるという点では一概に悪いイメージとも言えませんが。要はお金を借りるということへの価値観になるのですがお金を借りる人はお金というものにたいしての価値が物そのものと同等ではなく低く感じているような気がします。