レイク 増額

いいカッコしい

いいカッコしい

 

働いているのにお金を借りるのは自分に不相応な暮らしをしたいからだと思います。本当に必要なものだけにお金をかければお金を借りることはないです。家のローンは賃貸より安くなるので違うかもしれませんが、車はそうです。移動に自転車、バス、電車で十分です。服もブランド物でなかったら、やすくていいものはたくさんあります。生活費にかかるなんてとんでもない。ほんとうにお金が無かったら、借りるより節約かアルバイトするべきです。高齢でない限り働く場所はたくさんあります。暇があるからお金を使うんです。いいかっこしたいから、お金を使うんです。病気とかなら仕方ないですが、ギャンブルする人は最低です。お金があってこそ遊びもできますがお金がないのに遊ぶのはどうかと思う。お金がないなら働けばいい。そうすれば暇もなくなるからお金を使うこともない。子供にお金かかるが、質素に暮らせば子供も贅沢は言わないと思います。そうすればみんなお金を借りることなく、人に迷惑かけない。返せる範囲でも我慢できることは我慢しないとダメです。

 

手持ちのお金がないが、購入や生活等のためにやむなく借りている。

いいカッコしい

 

お金を借りる際、基本的に返済ができる額かどうかを考慮して、返済可能な額を借りるように考える。しかし、環境や仕事の変化により予想していた収入が少なくなった場合に困ってしまうことが多い。その場合どうやって返済していくかを考えた場合、やはり別ルートでお金を借りないといけない。このような負の連鎖に陥ることがとても高いと感じる。これのようなイメージや不安により、やはりお金を借りることを躊躇し、自分の身丈にあった行動をとることが必要であると思う。しかし人間は欲が出るとどうしても欲しいものは手に入れたくなってしまうため、やはりお金を短期間借りることを選択肢として入れてしまう。ここで、購入後から返済までのプランを、どんぶり勘定でも考えていれば問題無いが、収入から返済金額を考慮せずに、今までと同じ生活水準を保ってしまうことで返済危機が訪れる。これにより、「借金返済のための借金」が発生し、自転車操業のような生活となってしまう。このことを考えると、やはりお金を借りる際は最低でも年収の3分の1程度に抑えておくことが重要だと感じる。