レイク 増額

計画性がない

計画性がない

 

お金を借りる人のイメージは、しっかりとした計画をすることが出来ず、ないのに何とか出来ると考えて、お金に対して、とてもだらしない人だと思います。とくに、ギャンブルにはまる人はそれにあてはまり、負けていてもいつか大きく勝てるときがくると信じていて、いくらでも浪費していきます。それが働いて得たお金だけで止めればいいのに、それを止められず、借りてまでしてしまう最悪なパターンにはまって、借金がふくらんでいくような状態の人だと思います。このような人の計画性のなさは返済に表れていて、せっかくギャンブルで大勝ちしても返済にまわそうとはせずに、それを元手にもっと大きな勝ちを得ようとする無謀な夢を描いていることが多く、勝ち分を徐々に減らしていき、最終的にはまた借金してギャンブルをするという人で、あの時、少しでも返しておけばよかったと後で後悔するタイプの人だと思います。そして、最終的に返すことが出来ずに破産宣告して、借金ゼロにして、また借金する人だと思います。

 

ギャンブル好き、ほしい物をすぐ買う

計画性がない

 

お金を借りる人には特徴があると思います。まずいえることは借りてもなんとかなるだろうと思っている。返せなくても誰かが助けてくれると思ってる可能性が高いです。周りの人に迷惑を与える可能性がありますね。お金を借りることを正当化していることが多い。自分のため、人のために、つまり言い訳をいつも考えています。先の見通しを全く考えてないことが多い。計画をもって借りる場合を除いて、お金を借りにくる人の多くは今がよければいいやなどと思っている場合が多いと思います。お金を借りる人のイメージは消費者金融で借りている人のイメージです。お金にだらしがない、計画性がない、収入が低くて困っている、ちゃんと生活していないなどです。
浪費癖があって、自分の稼ぎや、自分の使ってるお金を全く把握していないイメージです。お金に我慢できない、女癖が悪い、浮気をする、など自分をコントロールすることができない。いくつかあげましたが、残念ながらすべて「ネガティブ」なイメージなものになりました。