レイク 増額

お金の使い方をちゃんと知ろうとしない人が借りていそう

お金の使い方をちゃんと知ろうとしない人が借りていそう

 

・お金の大切さをきちんと学ばずに大人になった人はお金をドブに捨てるような扱い方をして、いざお金が必要になった時に友人からお金を貸してもらえず色々な所からお金を借りて生活をしていそう。・賭け事に夢中になりすぎるような人は賭けに負けたらお金を借りて、勝ったらそれを返していくことを繰り返していって最後には破産してしまいそう。・友人や恋人を作っても大切にしない人は自分の遊びにお金をかけるので自分のお金が底をつきそうになった時に助けてもらえずあえなくお金を借りていそう。・結婚してもギャンブルを毎日のようにやっている人は家庭の為には何もせずに自分の為にお金を借りて自分の為にそのお金を使い果たしていそう。なのであきれた家族から別れを告げられてずっとギャンブルをし続けるような生活をしていまいそう。・家族との仲が悪く、友人との関わりを深く持たない人に恋人が出来たら自分をより良く見せようとする為にお金を借りてでも高価なものを買い与えていってしまいそう。

 

浪費家で収入が不安定なイメージ。

お金の使い方をちゃんと知ろうとしない人が借りていそう

 

お金を借りる、ということはお金がないからですよね。生活が苦しくてお金を借りる、と先ず思います。しかし何故、生活が苦しいのか。そこを考えると浪費家というイメージは外せません。パチンコで負けてお金がなくなってしまった、または考えもせずに高級なものを買いすぎたと考えられます。実際、姉の夫は浪費家で借金ばかり作っています。給料日にパチンコへ行き、給料全て費やしてしまうことも度々ありました。そうなると、お金を借りるしかありません。姉の一家のイメージで、お金を借りる人は浪費家というイメージになってしまいます。また、毎月安定したお給料ではない人もお金を借りるイメージがあります。正社員ではない場合、有給休暇というものがないからです。体調を崩して出勤できない日があるとすると、その分お給料は減ります。そうなると、日々の生活費だけでも大打撃になると思います。生活する為に、やむを得ずお金を借りる、ということがあると思います。計画的にお金を返済できるなら悪いことではありませんが、あまり良い印象は受けません。