レイク 増額

普通の人たちがお金を借りる時代

普通の人たちがお金を借りる時代

 

昔だったら、ある程度は普通の人たちは借金をしなかったと感じていました。当時の借金してる人はギャンブルとか、派手な生活を送っていて金遣いが荒い人というイメージがありました。でも、今は普通に生活している人たちもお金を借りる人の中に入ることがここ最近になって感じました。まずは、キャッシング関係の会社のイメージ的に訴える広告と、そして各駅に無人のキャッシングの機械を設置していて迷いとかためらいのなく借りることができる。収入はある程度はあっても、消費税などが上がり生活用品がかなり値上がりしていて、正直に言うとかなり切り詰めて生活していくのが普通です。その上に教育資金などがあり、贅沢品を購入しなくても自然と借金の方に行こうとするのもうなづける。突然の事故や病気になり可能性だってあるので、誰にでも借金をする可能性は高いと感じます。そしてもう一つは、お金を借りる人は、孤独なのではと感じます。お金を借りる前に知り合いに相談して何とか避ける知恵をもらうという方法もあるけど、お金を借りる人は、ある意味では孤独なのかという思いました。

 

身の丈に合わない生活、浪費家、見栄っ張り

普通の人たちがお金を借りる時代

 

今から30年前、私がまだ新入社員だった時のことです。当時の月給は13万5千円。残業を入れても手取りで12万円ほど。都内のアパート暮らしだったので、普通に暮らしていても生活はカツカツでした。しかし社会人となるとスーツなどいろいろ揃えなければならないものがありますし、冠婚葬祭など物入りも多いもの。月々の収支は赤字で、ボーナスでなんとかチャラに戻すという生活をしていました。当時つなぎにお世話になっていたのがJCBのキャッシングと都銀Fのカードローンでした。10万円までは通常のキャッシュカード同様にATMから引き出せます。しかしだんだんカードローンに慣れてきて、借金に抵抗感がなくなっていきます。彼女ができてローンで車を買い、デートにおカネもかかるようになると、ボーナスももらったとたんに全部なくなるようになってしまいました。それで次に手を出したのはサラ金の大手AとLでした。どちらも極度額は50万円ほど。カードで誰にも顔を合わせずに引き出せるので、罪悪感もすぐになくなります。このころにはローンの返済にサラ金で借りるようになりました。気がつけば車のローンとサラ金の残高合わせて400万円。サラ金の返済が滞ったら怖い人が来るかもしれないので、さすがに延滞はしませんでしたが毎日毎日身が細る思いでした。結局、ある日「身の丈で生活しないと破滅する」ということに気づき、クルマを売って家賃2万円のぼろアパートに引っ越しました。その後昇進で給料も上がり、3年かかって何とか借金ゼロにすることができました。あのときに気づいていなかったら今の自分はなく、転落の人生が待っていたかと思うとぞっとします。借金は悪とは思いませんが、返す当てのない借金、借金を返すための借金は破滅の第一歩だと声を大にして言いたいです。