レイク 増額

生活スタイルが変化して、お金が必要になったと思う。

生活スタイルが変化して、お金が必要になったと思う。

 

独身時代には、ある程度の貯蓄が出来たはずだが、結婚・育児・などライフステージが変化するごとに対して収支が逆転しがちになってしまう。当初考えていたライフスタイルが、ここ近年は、経済状況に対応できない人々が増えた。収入を増やすことが安易にできない。転職できない(資格以外に、経験も求められる、年齢制限がなくなったといえどもある)もしくは、転職しようとしても出来ない現状(仕事が確実に見つかるかどうか?など)によって、ギリギリの生活費なので急な出費に対応できなくなったなどなど様々な変化で、お金を借りなければいけない状況になってしまう。そういう時代の中で、子供にかける教育費が、年々経済に影響されて値上がりしてきている。生活費から教育費へ捻出するのが難しい。家族からの援助を受けることが出来る家庭もごくわずかになっている。団塊世代の富裕層も思っている以上に少なく地域格差が激しいのも現状。世代別に裕福かといえばそうでもないと思える。年金受給する人も実際は、その金額では生活が厳しく高齢者でもお金を借りなければ生活できないのも現状と言えます。"

 

バカ正直な人というイメージ

生活スタイルが変化して、お金が必要になったと思う。

 

お金を借りる人は悪い人じゃないと思うけれど、お金に対して計画性がないと思います。お金に対して計画性があればお金を借りることなんてないんだと思います。ちょっと厳しめな意見かもしれませんが、お金というのは生きていくためになくてはならないものだから厳しく管理することが必要です。お金を借りる人のことは、先ほども述べた通り悪い人だとは思いません。悪い人だったら逆にお金に不自由していないかもしれません。悪いことをすればお金は儲かると思うし、お金に不自由などしないでしょう。仕事でも何でも陰に隠れて悪いことをしていれば、人からお金を借りるような生活にはならないと思うのです。お金を借りる人というのはバカ正直な面があるのかもしれません。なんにでもうまく立ち回ることができなくて、ただひたすらバカ正直に生きているから、お金が無くなるのも早いかもしれません。少しはうまく立ち回ることも時と場合によっては必要ですが、それができないイメージです。