レイク 増額

ギャンブル、浪費家

ギャンブル、浪費家

 

結局は自分の収入に見合った生活ではなくそれ以上の生活をしていることだと思います。単純に支出が収入を上回り首が回らなくなるパターンか、最初からそもそも借金の感覚がない人だと思います。人間は煩悩、欲望の塊ですから自己満足の手段として浪費、消費に走るのは仕方ないとは思います。ただ自己満足は他の手段でも得られるし、むしろ浪費、消費以外で満足するほうが満足度が高いとも思います。それに気づくか気づかないは気づかない人のほうが借金する確率は高いとも思います。身の程、身の丈以上の生活をしている人、ギャンブルで金銭感覚がわからなくなっている人、だと思います。あと、もう一つ思うのは、人生って結局、運があるとも思います。運の悪い人っていると感じますし、何かのきっかけで保証人とかになってしまったり、交通事故なんかだって結局、運だとも思います。運悪く借金してしまう人もいるのでしょう。事業に失敗して借金だけ残るのだって運命もあると思います。借金がある家に生まれる人もいれば金持ちの家に生まれる人もいるのでしょう。考えてみれば明日は我が身ですね。極力、身の丈にあった生活をして人生のトラップに引っかからないように生きるしかないかもしれません。そう考えると怖いもの知らずの人も借金を抱える確率高いのでは?

 

お金を借りる人のイメージとは

ギャンブル、浪費家

 

お金を借りる人のイメージとはどんな感じかわかりますかまずお金がない人が借りますねそうですお金持ちはお金を借りませんそもそも全然金欠状態の人が借りるんです例えば明日のご飯も食べられない人とかギャンブルちゅー毒でギャンブル狂とかお酒好きでアルコール中毒とか仕事が見つからなくて路頭に迷う感じの人とか事業の運転資金が足りなくて借り入れるはめになった人とかいろいろ考えられますが全てが金欠状態なんですねお金がなくてうろたえている人たちなんです毎日毎日不安と向き合わせの人たちなんですイメージ的には絶えず借り入れ返済に毎日追いまくられている感じの人達ですねですからどちらかと言うと計画的でなくその場しのぎで借りる人が多いと思いますお金がなければ借りればいいやという感じで借りてしまうんですねそれが貧乏の始まりなんですが本人はそうは思わないんです枠いっぱい使うことになるんですねクレジットカードやローンカードをどんどんこんな感じですねイメージはね。