レイク 増額

身勝手で金銭管理ができない人

身勝手で金銭管理ができない人

 

お金を借りる人は収入と支出の金銭管理ができなく欲深いため、人様や金融機関から借りてしまうのだと思います。金銭管理ができないということは経済的自立ができていなく、生活基盤さえ整っていなく社会人として良いこととは言えない。どんな事情があるにしても消費者金融などからお金を借りる前に自分で必至に仕事をして稼いでお金の大切さ、ありがたさ、怖さを感じる経験が少ないから借りてしまうのだと思う。ある種、自暴自棄の状況とストレスのある生活環境になっており、目先のストレス解消目的で借りてしまうのだとも思います。家族を崩壊する可能性を秘めていることの認識があまりに低い人で身勝手になってしまっているので、後先考えずに欲優先で借りてしまうのだと思います。自分の人生が不幸だと感じている人がお金を借りてしまうきっかけになることがあるが、お金に頼るだけて、自己の成長と人生の目標や生きて生活するという大変さから逃げているのだとも思い、人生を苦労しないで楽を一瞬でもしたいと思ってしまうのだろう。

 

ギャンブル好き

身勝手で金銭管理ができない人

 

どんな理由で借りるのかによって、イメージも全く変わってくると思います。家を建てるためにローンを組む、学費を借りる、企業する、設備投資のためなどなど、お金を借りるという行為はごく一般的で、当たり前の行為なのだと思います。そういった理由でお金を借りる人に対しては、特に嫌な印象は受けません。むしろ将来の幸せを願う前向きな人、というポジティブな印象を受けます。ただ、「お金を借りる人」という言葉にしてしまうと、普段からとても生活にもお金にもだらしがなく、自分勝手で傲慢、ギャンブル好きで、借金苦に陥ってもギャンブルが止められない・・・。私の主観ではありますが、そんなマイナスなイメージがついてしまっています。特に個人間でお金を借りる人には、マイナスなイメージしかありません。どんな理由であれ、お金の管理がまともにできないお金に汚い人。そんな印象でしかなくなり、もし友人だったとしても、お金を借りに来た時点でその子とは友人ではなくなると思います。