レイク 増額

今現在の欲求に負ける人のイメージ

今現在の欲求に負ける人のイメージ

 

家のローンなどではなく、カードでのキャッシングや消費者金融でお金を借りる人は、まず現在の自分の収入に見合った生活ができず、計画性がないというイメージがある。そして、そうなってしまう原因として考えられるのが、ギャンブルをしたい、ブランドものが欲しい、買ったばかりだが車やバイクを乗り換えたい、車やバイクのアクセサリーが欲しい、など、現状の残金などに関係なく欲求を我慢することができない人であると思う。通常であれば、今現在の貯金額と欲しいものの金額を見比べて、無理であれば我慢し、また欲しいものが手に入るように普段から節制するなどしてお金を貯める。そうして苦労して作ったお金で手に入れたものであれば、大切にもする。しかし、我慢が出来ない人は、今欲しいという欲求に負け、キャッシングしてしまう。そして、特に我慢することもなく楽に手に入れてしまえたため、特に思い入れもなく、次のものが欲しくなる。結果的に、自分を律することができない人、というイメージである。

 

計画性のなさ、普通の感覚ではない

今現在の欲求に負ける人のイメージ

 

(家や車のローンではなく、キャッシングや消費者金融でお金を借りる人達についての考察)計画性に欠けるので長期的な資産運用についてイメージできない。目先のお金だけにとらわれて、将来を見据えることができない。悪くいえば短絡的に物事を考える傾向にある。なので、すぐに借りることができる(実際に借りたことがないので本当に「すぐに」とは言い切れないが)メリットに真っ先に食いついてしまう。計画性のなさ、短絡的というところから見ると、一概にはいえないが、将来をまだしっかりと見据えること難しい若年層にその傾向が多いのかもしれない。どこかしらの場面で消費者金融の怖さや金利の高さは誰もが耳にしており、普通の感覚なら簡単には足を踏み入れない世界だと思う。正直、印象はとても悪い。それにも関わらず、いくら切迫しているとはいえ簡単に足を踏み入れてしまうのは、世間で言うところの「普通」からはもう逸脱してしまっているのだと思う。