レイク 増額

負債

負債

 

借金と一言で言うと悪い印象を多く持っている方も多いと思われます。しかし、私は一概にそうは思いません。もちろん借りずに済めば越したことは無いのでしょう。何かアクションを起こそうとすれば多くの事はお金を要します。それは私生活でもそうですし、ビジネスでも同じです。突然の入用ならば借りる他手段は中々ありません。個人から借りる方法や法人から借りる方法など有りますが、どれも共通して言えることはまず自分のお金では無いことです。借りたものですので返す宛が無ければ相手も貸してはくれませんし、返してもらうためにしっかりとした対応を必要としてきます。書面を書いたり、テレビ内でも良く聞く連帯保証人を立てたりします。また、貸した相手はリスクを犯して貸付ているのでその期間分を対価として利子、利息などが発生します。ですので借りた側も当然それに応える為に、元金に利息を付けて返す事になっています。借りる側も大きい事をしようとすればする程その金額は跳ね上がりますし、返す事も大変になってきます。しかし、自分の事ですから返済の義務の生じる借金はしっかりと返しましょう。

 

とにかく負のイメージ。しても良いことは一つもない。

 

負債

 

借金の理由は人それぞれだと思いますが、お金を借りて元本を払えずただひたすら利子だけを一生払い続けるような人が多いと思います。借り方も後先を考えない人が多い気がします。あと借金をする理由としてする必要もないのにする人が多いと思います。例えば車とか欲しい物があって貯金もないから借金をしてあとは月々の給料から少しずつ払うといった感じ。あとはギャンブルがやめられず借金をしてしまう人。彼女へのプレゼントとか婚約指輪とか、自分で働いてお金を貯めてから買えば良いのに先に手に入れようとするから後から大変なことになるのだと思います。昔に比べて借金をする人が増えているんじゃないかと思います。その一番の理由は借金をしやすくなる環境が出来た為だと思います。今は無人機とか有人でも難しい審査はなく、簡単になりました。そういった理由でお手軽にお金を借りることができる今の日本の現状はあまりよくないのかもしれません。金融業者は儲けているんでしょうけど、もう少しみなさんには借金をすることへの重大さを考えるべきだと思います。