レイク 増額

マイナス

マイナス

 

収入でまかなえないというマイナスのイメージがあります。一軒屋またはマンションの購入などローンにはそんなイメージは少ないのですが、普段の家計にかかわることでの借金は致命的に思えます。収入を支出が追い越していることにほかならないからです。収入を上げるか消費を減らすしかないのにそれを借金でまかなってしまうと将来的に希望がもてません。そんな人は最後にはお手上げとなり金融機関なり友人なりの借金を踏み倒すことになりかねません。もうひとつ不意の出費、例えば事故や病気などにより予定外の支出があった場合の借金はまだ救いがあるような気がします。本来であればそのような場合に備え保険に入っているはずではありますが、想定外の事故に遭遇することもあると思います。そんな場合は借金せざるを得ませんし少しずつでも返すことが可能であればいつかは完済となる希望をもつことができます。それも利子に食われてしますような金額であれば絶望ですが、マイナスのイメージはどちらにしても変わりません。"

 

もてない人

 

マイナス

 

借金というのは、何かものすごく好きなものがあった場合にしてしまうものだと思う。特に水商売など相手にはまってしまった場合、相手は商売なので、キャバ嬢でもホストでも貢げば貢ぐだけ喜ぶので、相手の笑顔が見たくてつぎ込んでしまう事もよくある事であると思う。だがそれでも自分の持ち金を全部つぎ込んで借金までする人間というのはまれである。そうやってある借金までしてお金をつぎ込む人間の特徴としては、異性にモテない人間であるというのが特徴としてあげられる。学生次代などにもてなかった人間が、急にチヤホヤされると、気が大きくなって、お金をつぎ込んでしまうものだと思う。そうして自分のお金を全部つぎ込み底が尽きると、しょせんお金だけの関係のキャバ嬢やホストからは相手をされなくなる。そうなった場合、再びチヤホヤされたいがために借金をしてでも、貢ぐ人間は時々いる。お金がないと周りから相手をされないがために、お金の力を利用するんだと思う。そういった人たちは、近頃の簡単なキャッシング審査でお金が簡単に借りれるのは、物凄く借金地獄に陥りやすいと思う。借金地獄